キャバ嬢をお持ち帰りするのは難易度が高い

お酒の席というのは、異性が一緒にいて盛り上がるとやっぱりお持ち帰りをしたくなってしまうのが男性の性というものでしょう。
しかし、お持ち帰りをするにしてもそれなりに相手によっては難易度も大きく変わってくるんですね。
その中でも、特に難易度の高い相手がキャバ嬢ですね。
キャバ嬢は男性を相手にする仕事だから、一見すると簡単にお持ち帰りできるように見えるかもしれませんが、寧ろだからこそ仕事との割り切りがしっかりできているのでなかなか一筋縄ではいかない相手なのです。

キャバ嬢のお持ち帰り攻略

キャバ上をお持ち帰りするには、何より相手に深く踏み込ませることが大事なのですが、それなら自分に惚れさせればいいんじゃないか?と思う人もいるかもしれませんがそれははっきり言って不可能です。
キャバ嬢は日頃からいろんな人と接するわけです、その中にはイケメンだったり社会的地位の高い人、有名人、経済力の高い人がたくさんいます。
そんな人たちと比べられて自分のほうが魅力的なんて思わせることができる人なんていうのは一握りの人でしょう。
だから、キャバ嬢をお持ち帰りするには何よりキャバ嬢にこの人を繋ぎ止めておけばいい売り上げになりそう、というように思わせることが大事わけですね。
つまり、キャバ嬢をどうしてもお持ち帰りしたいのであればかなりの投資が必要になるということです。
そして、指名するキャバ嬢はそこそこの売上の子をチョイするといいでしょう。
こういう子は、売上を伸ばすための努力は惜しまないタイプが多いです。
そして、一番のコツは此方がまだ相手にそれほどのめり込んでいないことを見せることです。
カモと思われたらおしまいですから、つかず離れずな思わせぶりな態度が大事です。